ブログ詳細

Blog

BLOG

NEW

物流の6大機能について

 

 

物流とは、商品が消費者に届くまでの物の流れのことをいいます。物流というと配送機能をイメージする方が多いと思いますが、実はそれ以外にも機能・役割をもっています。
今回は物流の6つの機能・役割についてご紹介します。

 

 

物流の6大機能・役割

 

物流には


①配送・輸送

②保管

③荷役

④包装・梱包

⑤流通加工

⑥情報


という6つの機能・役割があります。
それぞれの役割についてご説明します。

 

 

①輸送・配送


物流と聞いてまずイメージするのが、この輸送・配送だと思います。
商品をトラックや鉄道、船、飛行機などで移動させることを輸送と呼びますが、その中でも大量の貨物を長距離移動させることを「輸送」、小口貨物を短距離移動させることを「配送」と呼び分けることもあります。

 

 

②保管


保管とは、倉庫や物流センターなどで商品を一定期間預かることをさします。ただ置いておくのではなく、適正に管理し、質や価値、数量の保持を行う必要があります。また、冷蔵保存や冷凍保存はもちろん、原木など水面での保管が必要なものを水面保管することもあります。
倉庫や物流センターでは、一時的に保管して需要に合わせたタイミングで商品を供給するための需給調整を行ったり、効率的に輸送するための準備や、包装・梱包、流通加工を行ったりします。

 

 

③荷役


荷役とは、商品を輸送する際に、トラックや船などの輸送機から積み込んだり荷降ろしをしたり、倉庫に出し入れしたりすることをさします。物流センターでの作業であれば、荷揃え、積み付け、運搬、保管(棚入れ)、配送別の仕分け、集荷という一連の作業工程すべてが荷役の役割です。
荷役の機能は、運送業者や倉庫業者が担うことが多いです。

 

 

④包装・梱包


包装・梱包とは、生産された商品の価値を向上させたり、品質の維持や物理的ダメージから保護するために適切な資材や容器で包んだりして、商品を守ることです。
包装とは、何かの目的を持って商品そのものを包むことをさし、大きく分けて工業包装と商業包装に分かれます。商業包装は商品の保護だけではなく、装飾要素も含まれます。工業包装が梱包にあたり、配送時のリスクを軽減するために段ボールやコンテナなどに入れて頑丈な荷造りをします。

 

 

⑤流通加工

 

流通加工とは、流通の過程で消費者やユーザーの負担を減らし、利便性を高めるとともに、商品に付加価値をつけるために行われる加工のことです。
大量に運ばれてきたものを箱などに小分けにして詰め合わせをしたり、木材などの材料をカットしたり、食品を加工・梱包したり、ラッピングやラベルの貼り替えをしたりと、様々な業務が含まれます。物流の多様化により、重要性が高まっている役割であるといえます。
流通加工専門の事業者が行うこともあれば、倉庫業者や運送業者が担当することもあります。

 

 

⑥情報


もともとは5大機能といわれていてた物流の機能に、この情報が加わって6大機能となりました。どの商品を誰に、いつ、どれくらいの量をどこに届けるか、どこにどれくらい保管するかなどを正確に把握するために、物流の過程において様々な情報システムが活用されています。
情報システムと一口にいっても非常に種類が多いので、代表的な2つのシステムをご紹介します

 

 

*倉庫管理システム(WMS)


倉庫管理システムははWMS(Warehouse Management System)とも呼ばれ、物流倉庫や物流センターなどで入荷・出荷・在庫・流通加工・帳票類発行・棚卸・検品などの工程をデジタル化して管理し、業務効率化や物流品質の向上をサポートしてくれます。生産ロットの管理はもちろん、賞味期限などの管理も可能です。

 

 

*輸配送管理システム(TMS)


輸配送管理システムは、輸送管理システムやTMS(Transport Management System.)とも呼ばれます。倉庫や物流センターを出て届け先に着くまでの輸送車の管理をしたり、配送指示を出したりすることができます。進捗・実績、発生コストのデジタル化がされることで、適切な時間と場所に配送を指示ができ、効率的な配送が実現できます。
また、この輸配送管理システムを支援する役割のある運行管理システムもあります。走行距離や加減速を測定することで燃費向上や二酸化炭素の排出削減にも役立ちます。

 

 

 

 

まとめ

 

物流には様々な役割・機能があり、それぞれに多くの人や企業が関与しています。物流が滞ってしまうと、企業にも消費者にも大きな影響が出てしまいますので、協調性と連携性が必要とされていますし、情報システムを活用した効率化や物流品質の向上もますます進めて行かなければなりません。
大切な商品を早く安全に配送することで信頼性のある物流を実現するとともに、企業の利益を守り、誰もが利用しやすいようにするためにもコストの管理を行うことが求められています。

 

 

京阪神エリアの「輸送・保管・荷役・流通加工」に関してのご相談は、水岩運送株式会社までご相談ください。
https://mizuiwa-un.co.jp/

お客様と共に考えさせていただき、最適なご提案を致します。